セールは今日で終了!  年間メンバーシップが75%オフ。スキルを磨こう。  
ログイン

スティーブ・ルード

スティーブ・ルードは1981年、24歳のときに独立系コミック『ネクサス』でプロとしてのキャリアをスタートさせた。コミックはスティーブの最大の挑戦であり、彼が最も愛するものである。<br

彼は自分自身を芸術の学生だと考えており、自分の技術を向上させ、彼が深く感謝している多くのお気に入りの巨匠のように、あらゆる媒体に熟達したいという願望を持っている。

スティーブ・ルード、コミックアーティスト兼ファインアートペインター

彼は実際、幼稚園で絵を描き始めました。5歳の時には、両親が与えた本から恐竜の絵や他の動物の絵を模写していました。スティーブの父親も芸術的な才能を持っており、誰が一番上手に動物を描けるか競い合っていました。12歳で漫画に興味を持ち、高校では再びコミックに出会い、本格的な人物画に挑戦し始めました。19歳で初めてアートスクールに通い、油絵やその他のメディアに触れました。

お気に入り

引用: 「知識があるのに、それを使わずに苦労する理由は何ですか?知らないことの難しさは、学ぶ努力よりも常に大きいです。」 — アンドリュー・ルーミス、成功するデッサン

クライアント: 大手企業すべてと仕事をしましたが、特にDCコミックスとダークホースとの継続的な関係は、クリエイターの扱いが最も公正でした。コミック業界でのキャリアを始めた頃、彼らとの仕事は素晴らしい思い出です。この先さらに多くの良い思い出を作るのを楽しみにしています。

ヒーロー: ジャック・カービー、カーク船長、ブルース・リー。彼らから、自己に忠実であり続け、自分の道を進むためのほとんどすべてを学びました。

アーティスト: ジャック・カービー、ジョン・ロミタ、アンドリュー・ルーミス、ジョン・ガナム、ハリー・アンダーソン、ラス・マニング、ポール “ビッグG” グレイシー

ツール

私は訓練通りの伝統主義者で、デジタルツールは使いません。今まで使ってきたすべてのメディアの中で、透明水彩が最も難しいです。練習を重ね、その捉えにくい特性をもっと学びたいと思っています。

アドバイス

年を重ねるごとに上達するというのは誤りだと思います。すべてのアーティストにはピークの時期があります。それが20代であれ60代であれ、そのポイントに達したときには、それを維持することが望まれます。情熱が商業的なものより強制的なものになったとき、見直す時期かもしれません。この一般的な状況は、かつてトップクラスの実践者たちの多くの没落を招いてきました。

全コースがアクセス可能!今なら75%割引! 今すぐ始める