セールは今日で終了!  年間メンバーシップが75%オフ。スキルを磨こう。  
ログイン

ロイシュ

ロイス・ファン・バール(ロイシュ)はオランダのユトレヒトに住んでいますが、アメリカ、インドネシア、フランス、ベルギーなど世界中に住んでいました。ロイシュは鉛筆を持てるようになった日から絵を描き始め、10代の頃にデジタルで描くことを独学で学び始めました。その後、アニメーションを学び、大学卒業後すぐにフリーランサーになりました。ロイシュはフリーランスのデジタルアーティストとアニメーターとして主にキャラクターデザインの仕事をしています。彼女のクライアントリストには、Psyop、Lego、Guerrilla Games、Nick Jr.などがあり、さまざまなプロジェクトのキャラクターデザインを手がけています。

ロイス・ファン・バール(ロイシュ)、デジタルアーティスト&アニメーター

インスピレーション

自然やファッション、美しいものを楽しむことでインスピレーションを得ています。私の主なインスピレーションは魅力的な色彩と色の組み合わせで、これが通常私の作品の出発点となります。お気に入りの名言は特にありませんが、お気に入りの番組からの名言が好きです。だから「このプレッツェルは私を喉が渇かせる」という言葉を選びます。

ツール

私の作品はすべてAdobe Photoshop CS5 Extended、Cintiq 24HD、Cintiq Companion、またはIntuos4を使用してデジタルで作成されています。たまに紙にスケッチすることもありますが、それは私の描画プロセスの重要な部分ではありません。現在、デジタルが最も効率的で柔軟な媒体だと感じています。

アドバイス

この業界で始めるためのヒント:独自のアーティスティックな声と作業方法を開発し、それを世界と共有することが重要です。インターネットは私のインスピレーションの大きな源です—友達を作り、仕事の機会を得ることができます。私が落書きをオンラインに投稿し始めたときに、それが起こるとは思っていませんでした!ファンベースを構築することは間違いなく私の大きなブレイクとなりました。

sが含まれる書籍

全コースがアクセス可能!今なら75%割引! 今すぐ始める